MR業界の将来を考えて転職を決意

MR、いわゆる製薬会社に就職し、そこで自身の知識を活用しながら医薬品の情報を収集する仕事に就いていたのですが、昨今のグローバル化を見据えるに、今後この仕事を続けても良いものだろうか、という疑問が頭をもたげるようになりました。

もちろん、やりがいはありますし、MRという職に満足していないかと言えば、決してそんなことはありません。

しかし、グローバル化の影響を鑑みるに、どうしても今働いている製薬会社の規模は、充分であるようには思われないんですね。

だからこそ転職を考えるようになった、というわけです。

幸いMRという職業に就いて得た知識を存分に活用できるような職場は、他にもたくさんありますし、そうでなくともより規模の大きい製薬会社に再就職する、というのも一つの手立てではあるように思います。

つまり転職の幅は、他の職業に比べても大きいんですね。

そしてさらに嬉しいのは、そういう転職を支援してくれるサイトが多い、ということです。

例えば、最もわかりやすい例で言えば、MRの転職を支援してくれるサイトを「さらにまとめた」

サイトがあります。

これは、MRの転職を支援するサイトがそれだけ多い、ということの裏付けになりますし、そういう規模の大きいサイトが必要になるほど、今、この職業の転職は一般的に考えられている、有効な手立てだということです。

需要があるからこそ、こうしたサイトがどんどん増えている、というわけですね。

そして私はもちろんこうしたサイトを最大限活用しました。

非常に有益な情報が多いだけではなく、今の業界の状況を、最新の情報を提示しながらわかりやすく述べてくれるようなサイトもあり、その意味ではもう一度、自分の今後の身の置き方を再考する良い機会でもあるように思いますね。

別にそこで、もう一度MRとして頑張ってみよう、と思い直すのも、それは一つの選択ですから。

ちなみにこういうサイトが特に参考になりますね。

MRの転職の方法を見る

一読の価値ありだと思います。